映画アートブック紹介■「アート オブ アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」

今回は洋書の紹介です。
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のアート本、「Marvel’s Avengers: Age of Ultron
The Art of the Movie Slipcase」。5月12日に北米発売ですが、なぜか5月7日に日本のアマゾンさんから送ってきました。

Marvel's Avengers: Age of Ultron The Art of the Movie Slipcase Marvel Comics

Marvel’s Avengers: Age of Ultron
The Art of the Movie Slipcase
Marvel Comics

総336ページのこの本の一部を貼っておきますが、ネタバレにつながる部分があります。
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を未見の方はご遠慮いただくか、自己責任でご覧ください。
また説明文でネタバレする可能性もあります。未見の方は文章は飛ばしてご覧ください。

IMG_3674 IMG_3675
ケースから取り出したハードカバーの表紙にはアベンジャーズ6人(キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルク、ブラック・ウィドー、ホークアイ)が。
このままアートポスターとして販売していただけないでしょうか……。

本書は映画のストーリーに沿ってページ構成されています。
まずはオープニングシークエンスから。

IMG_3676
仮の絵コンテ(検討用)で本編ではもっと燃える展開になっています。
続いてアベンジャーズ6人のコスチューム解説です。

IMG_3677
今回メインで活躍するアイアンマン マーク43のスケッチや色彩サンプルが多数収録されています。
(上の画像はほんの一部です)
IMG_3678IMG_3679
キャプテン・アメリカはコスチュームに加え、新機構のシールドの解説も載っています。

IMG_3680 IMG_3682 IMG_3681IMG_3683 IMG_3684

ホークアイとブラック・ウィドーには、決定稿に至る衣装のスケッチと、武器のプロップ画像が。
プロップ画像はかなり貴重ではないでしょうか。
ブラック・ウィドーのこの武器、ほとんど活躍しませんでしたね……。

IMG_3685 IMG_3688 IMG_3687 IMG_3686
ウルトロンを生み出す前に、平和維持部隊として実戦投入されていたアイアンレギオン。
アベンジャーズに帯同し、周囲の鎮圧などを行います。
彼らのデザイン画も多数収録されており、「アイアンマン2」のドローンに近いものやアイアンマンから目を除いたようなデザインなど、いくつもの候補があったことが伺えます。

IMG_3689
意味深(汗)なイメージボードに続き、アベンジャーズが移動に使用するクインジェットのデザイン、ディテール紹介です。
映画5回見ましたが、アイアンマン マーク43の収納場所はこれを見て知りました。

IMG_3691 IMG_3690
続いて、ウルトロンのデザインに関する章です。
まずはウルトロン マーク1から。これもほんの一部です。

IMG_3692
続いてウルトロンプライムのデザインへ。
本書の中ではかなりのページ数(20ページ近く)を費やして完成形に至る道のりを紹介しています。
コミックで完成されたイメージがあるキャラクターのため、MCU(Marvel Cinematic Universe)にどのように落とし込むか、
決定稿までは試行錯誤連続だったことが伺えます。

IMG_3695 IMG_3694 IMG_3693
新キャラクターであるクイックシルバー、スカーレット・ウィッチについては割愛で……。
続いて、いよいよこちらです!

IMG_3700
中盤の見どころのひとつである、ハルクVSアイアンマン マーク44(ハルクバスター)についても、
かなりのボリュームで紹介しています。

IMG_3696
この衛星の名前まで記述されています。

IMG_3697IMG_3698IMG_3699
予告やチョイ見せクリップで見ることが出来るハルクバスターの登場シークエンスも、イメージボードからほぼ忠実に描かれていることがわかります。

ハルクバスターのデザインも多数収録されており、ファンの期待で上がりまくったハードルを越えるためにここまでやるのか〜と、頭が下がる思いでした。

IMG_3701   IMG_3702IMG_3703
目まぐるしいカメラワークを魅せる、ハルクVSハルクバスターのアクションと元となる演出プランのラフも見ることができます。

IMG_3704
まだまだ続きます。
重要なキャラクターであるヴィジョンにもページを多数割いて紹介しています。
このように「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は様々な新要素や見せ場が詰め込まれており、
ともすれば、混沌としたブロックバスター映画になるところを、破綻なくまとめたスタッフの手腕は本当に凄いと思います。

IMG_3705 IMG_3706
配色もコミック準拠だけではなく、様々なパターンが検討されたようです。
ここからはクライマックスですが、ちらっとだけ。

IMG_3707
アイアンマン マーク45のデザイン画です。

IMG_3709IMG_3708IMG_3710IMG_3711IMG_3712
これがどのような映像になっているかは、本編を見てのお楽しみです。
そして、個人的にはこれがうれしかったところなのですが、昨年のコミコンで発表されたアベンジャーズ9人のポスターの検討案やラフステッチまで収録されています!

IMG_3714IMG_3717
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のアート本、「Marvel’s Avengers: Age of Ultron
The Art of the Movie Slipcase」の紹介でした。
かなり長い投稿となりましたが、これでもほんの一部です。
読むとネタバレになるので未見の方にはオススメしませんが、MCUのファンの方には手に取っていただきたい一冊です!

日本のアマゾンでも発売中です!
↓↓


Marvel’s Avengers: Age of Ultron: The Art of the Movie Slipcase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です