MONDO発売情報■「アイアンマン3(Iron Man 3)」アートポスター(AP)版、今夜発売! これがラストチャンス!

今日で5月もおしまいですねー。
今月はMONDO(モンド)に振り回されました。

そんな、MONDOのアートポスターの中でも、今月世界中で話題になった「アイアンマン3」のAP版が今夜(6/1早朝)に発売になります。
5/31のランダムタイムと書かれているので、何時に発売スタートかは不明です。
おそらく日本時間午前5時までには販売されると思います。
(リンク元)
※AP(Artist Proof)版とは、ポスターを描いたアーチストに割り当てられたもので、
印刷数の1割程度が目安です。

今回はPostersAndToys.com にて発売です。
(もう商品は並んでいます)
これだけで全然買える気がしません!
PostersAndToys.com はポスターニュースブログの大手 OMGpostersの管理人でもある、Mitch Putnam氏によるサイトで、MONDOのAP版の多くはここで扱われています。
※Mitch Putnam氏はMONDOの準構成員とも呼べる人物で、MONDOやアーチストに助言することもあります。

PostersAndToys.com の価格設定は市場価格(主にebayの取引価格)を基準に設定されております。
さて、気になる枚数とお値段は…

「アイアンマン3(Iron Man 3)」レギュラー
Poster by Martin Ansin. 24″x36″ screen print.
Edition of 53 . US$125
「アイアンマン3(Iron Man 3)」バリアント
Poster by Martin Ansin. 24″x36″ screen print.
Edition of 30 . US$160

レギュラー(53枚)US$125! バリアント(30枚)US$160!
お高いですがebayではレギュラーがUS$200、バリアントがUS$250程度(さらに送料がUS$35〜60、さらに出品者の多くが日本への発送に消極的)である事を考えると良心的ともいえます。

しかし、買えないだろうなぁ〜。
この枚数だと北米のユーザーが圧倒的に有利ですからねぇ…。
多分15秒程度でSOLD OUTでしょう。

以下、PostersAndToys.comからのお願いです。
↓↓
To help newcomers, I’ve made a list of sale tips:
-Make sure you create an account on the site first.
-Use the two digit abbreviation for your state, DO NOT fill out the name in full.
-Use the same address for your billing, shipping, and Paypal addresses (even if you’re shipping somewhere else, just email about it after the sale)
-The print is not yours until you complete checkout. The print is not saved in inventory when you add it to your cart.
-Because of volume, oversells are possible.
-Lastly, and most importantly, I didn’t choose the run size on this, so if you miss out, please do not direct any rude words toward me. I’d be more than happy to sell you one if I had more.

要約すると

・アカウントは先に作っておこう!
・州の表記は2文字でね!(日本人には関係ない)
・配達先、請求先、paypalの登録住所は一致させてね!
・完全にチェックアウトするまで、ポスターはあなたのものではありません!
・多めに売っちゃう可能性があるよ!(間違ってたらすみません)
・売る枚数はウチが決めてるわけじゃないから、買えなくても罵らないでね!

と、まあこんな感じです。
ウチにはレギュラーがもうすぐ届くので、今回はパスで!

MONDOレビュー■「オブリビオン」サウンドトラック盤

いやー、びっくりしました。
1時間ほど前、自宅PCで作業してたら、いきなりMONDO(モンド)の公式アカウントからお知らせ(というか、URL1行)が。
明日販売のポスターのお知らせかぁ〜?と開いてみると、先週までMONDOのギャラリーにて開催していた、Mike Mitchellの個展で発表されたポートレートの数々20種類ほどが…。
個展の模様はコチラ。
すべて書き下ろしの12×16インチのコンパクトなジグレープリントです。

で、その中でも欲しかったのが「ジャッジ・ドレッド(DREDD)のポートレート。

ドレッドが…。

この画像の左端です。
でもオンラインの発売予定はなかったのよね…と、思っていたら目の前にあるじゃないですか!
速攻カートに入れてCHECK OUTに向うものの、いつものMONDO購入のPC環境と違うのでひと苦労。結局買えませんでした…。
代わりに購入出来たのがこちら。
「レザボア・ドッグス(RESERVOIR DOGS)」のミスター・ピンクです。

これが幻の購入画面!

シブい!
今回の個展のキービジュアルでもあるので、大収穫ではあります。
でも、ドレッドが欲しかったなぁ〜。

売り切れたものはストアから続々と削除され、いつの間にか発売を知らせるツイートも
削除されており、今は跡形もありません。
これがMONDOのユニークな所でもあり、ストレス溜まる所でもあります。
ミスター・ピンクは到着したらレビューします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気を取り直して、到着したばかりの「オブリビオン(Oblivion)」のサウンドトラック盤を紹介しましょう(まだ動揺中…)。
本日到着したコチラ!

 はい、「ドライヴ」の時と同じ輸送ケース…と思ったら、前回のサソリ部分にMONDOのロゴが! 芸細かいなぁ、

ケースを開封すると…。
出ましたLPサイズのジャケットが。
今回も180グラムの重量盤2枚組です。

外装のビニールを外すとジャケットはマットな質感。
昔はアメリカの印刷物といえば、色のズレも気にしないワイルドなものばかりでしたが、
(80〜90年代にタワレコやWAVEなど輸入盤屋に行ってた方はわかると思います)
こちらはとても繊細です。

次はジャケット裏。
映画のデザインコンセプトに沿ったモニターのインターフェース的なデザインです。

今回のアートディレクションとレイアウトはRob JonesJay Shaw
Jay ShawはMONDO専属のグラフィックデザイナーと言えるくらい、
作品をよく目にするアーチストです。

ジャケットを開くとKilian Engのイラストがどーん。
繊細な色使いとディティールの描写が何気にスゴイです。
Kilian Engは「オブリビオン」のアートポスターも描いていますが、
買わなかったこと後悔中です。

そして、前回(ドライヴ)ではピンクバリアントをゲット出来ませんでしたが、
なんと「オブリビオン」ではクリアバリアントが入ってました!
この透明な板に音楽が納められているんですねぇ。

クリアバリアント、ゲット!
ライナーノーツ(表)。
ライナーノーツ(裏)。

こちらのサウンドトラック盤は盤面が黒いレギュラー盤のみ、北米のレコードストアで販売中。
音を再生するのはこれからですが、全体的にスタイリッシュな雰囲気が漂うアルバムです。
ここで全曲試聴出来ます。
まだ入手するのは難しくないので、気になる方はゲットするのをオススメします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONDOネタ追加です。
明日(日本時間5/31早朝)に新しいポスターが発売されます。
(リンク元)

THE SILENCE OF THE LAMBS – Poster 1
Artist: Caesar Moreno
Sale Date: Thursday, May 30
Edition Size: 150
Size: 24” x 36″
Price: $40
THE SILENCE OF THE LAMBS – Poster 2
Artist: Caesar Moreno
Sale Date: Thursday, May 30
Edition Size: 110
Size: 24” x 36″
Price: $40

今回は「羊たちの沈黙(THE SILENCE OF THE LAMBS)」のワイン(ALAMO DRAFT HOUSE 限定)発売記念のポスター2種です。
んー、今回はパスで!
ワイン発売を記念したディナー付き上映もあるとのことです。
ディナーの内容も「羊たちの沈黙」をテーマにしたメニューとのこと。
ウマそうです。行けないけど!

それでは〜。

MONDO(モンド)あれこれ■「遊星からの物体X」AP発売、「オブリビオン」LP到着…等々

MONDO(モンド)にて先週30秒で完売したアートポスター、The Thing(遊星からの物体X)」のAP(Artist Proof)の販売が本日(日本時間5/30早朝)行われます。
US$90で44枚! 
購入はかなり困難ですが、気になる方はどうぞ!
リンク元
何度見てもコワ過ぎ!
さて、5/3に注文した「Iron Man 3(アイアンマン3)」のポスターがようやく発送されました。
おそらく6/10頃到着する予定です。
後日レビューします。
早くメタリック感を拝みたい!
MONDOに注文しているものがいくつかありまして…。

「オブリビオン」サウンドトラック盤LP 2枚組
Oblivion Original Soundtrack 2XLP
アートポスター「ブギーナイツ」
Art Print : Boogie Nights
アートポスター「レポマン」
Art Print : Repoman

あと、前述の「遊星からの物体X」とebayで買ってしまった「アイアンマン3(The Armory)」

アートポスター「アイアンマン3」
Art print : 「The Armory(Iron Man 3)」

これがいちばん楽しみだったりして…。
早く来ないかな〜と思ったら、さっき来ました。
「オブリビオン」のLPが(笑)。

順次レビューします。
以前は魂ネイション系のフィギュアも集めていましたが、最近ポスター中心になりました。

MONDOポスターレビュー■「アイアンマン(2008)」 Iron Man Artwork by Jesse Philips

まだ売ってますね、MONDOのサウンドトラック盤「「ザ・レイド(The Raid:Redemption)」
日本でも評判良かったと思いますが、興味のある方はぜひ。
ちなみに楽曲はこのLP用にデジタルリマスタリングされているとのことです。

さて、今日は私が所有するMONDO(モンド)のポスターを紹介します。
それがこちら!

「アイアンマン(Iron Man)」バリアント
Poster by Jesse Philips. 24″x36″ screen print.
Edition of 65.

2008年4月28日にARAMO DRAFT HOUSE CINEMA SOUTH LAMARにて行われた、映画「アイアンマン(2008)」の先行上映のために作られたポスターです。
夜光塗料で青い部分が暗闇で光ります。
Jesse Philipsの作風である、スチームパンクなテイストが全開となっています。
限定数なんと65枚!

こちら(↓)のレギュラー版ですら100枚だったことを考えると、2008年当時のMONDOはまだ小さなビジネスだったと言えると思います。

レギュラー。

MONDOのサイトにアーカイブされているこの画像と比べると、私が所有しているものはヨレて見えますね…。

バリアント。

それもそのはず、私が所有しているものが水害で一度水に沈んでいるのです。
2012年7月にebayにてイギリスのコレクターから購入したのですが、その際に水害によって傷みが生じていると説明されました。
このポスターは新品同様であればUS$250〜300程度で取引されていますが、
私が落札したものはUS$79でした。
どの程度のダメージかはアップされた画像ではよくわからなかったので、一か八かの賭けで落札したのです。

到着したものは、全体にゆるいシワと部分的(特に下部)に汚れがありました。
日本のアトリエで20000円程度で修復可能との話もあったのですが、
そのまま保管しています。
ダメージも含めてこのポスターの味だと思ったからです。

画像では半分も伝わりませんが、とても鮮やかです。
65枚中、59番目!
この汚れは目立ちますが、額装すると気になりませんでした。

それに加え、印刷の鮮やかが残っていたのも修復しなかった理由です。
彩度の高い赤と青、これ以上ない存在感をもっています。

暗闇ではこの青が光ります。

さらに夜光インク部分は暗闇でキレイに光っていました。
修復したらこれは失われていたかもしれません。
ただ、アイアンマンの鼻のあたりに赤い滲みが…。
ちょっとトナカイチックではありますが、これも味ということで…。

トナカイさん。

このポスターと同時期に入手したOlly Mossによる「ダークナイト ライジング(Dark Knight Rises)」のポスターが、MONDOにハマるきっかけでした。

このあたりのお話はまた後日…。

洋書レビュー■アート オブ アイアンマン3 Marvel’s Iron Man 3: The Art of the Movie Slipcase

MONDOのサウンドトラック盤「「ザ・レイド(The Raid:Redemption)」ですが、いまなら買えます。
ツイッターでの発売スタートのお知らせもなく、静かに販売していますが、
おそらく1日は持たないでしょう。
※評価が微妙な「オブリビオン」のサントラですら、半日で売り切れました。

さて、今日は洋書のお話を…。
公開中の「アイアンマン3」のアート本「Marvel’s Iron Man 3: The Art of the Movie Slipcase」です。
マーヴェル・シネマティック・ユニバースの新作映画が公開される度に出版されてきた、
アート本シリーズの最新刊。
日本版は発売される予定はいまのところありません。
(アート本シリーズすべて日本版は出版されていません)

では、まず外箱を…。

かっちょいい〜。
ポスターではコラージュされてよくわからなかったアイアンマン軍団のディティールが、
キチンと見えてます。

そして、箱から本を取り出すと…。
こちらが本体。

マーク42とアイアンレギオン(軍団)VSエクストリミス超人兵!
レッドスナッパー(マーク35)が映画同様、かわいそうなことになっております。

ハードカバー280ページの中身は、本編のストーリーを追いつつ、

制作段階のスケッチやデザイン案などを紹介していく流れです。

その中でも目を引いたのが「ウォーマシン2.0」の詳細なデザイン。

本編にはリペイント版のアイアン・パトリオットしか登場しません。
そのため、アート本にデザインが収録されているのはウレシイ驚きでした。
かっちょいいなぁ。ウォーマシン。
ちなみに映画「アベンジャーズ」にウォーマシンが登場しなかったのは、
地球の裏側で別ミッションをこなしていたからなのです。

さて、順を追って見ていくと…。

Hall Of Armour(アイアンマン格納庫)、スターク インダストリー本社、びっくりアイテムの”ピニャータ”や、マーク42の詳細なデザインを見ることが出来ます。

しかし、何と言っても第6章のコレでしょう!

アイアンレギオン!
MONDOのポスターでも採用されたデザインですが、マーク42の代わりにトニー・スタークが収まっています。

いまのところ、このアート本に収録されたものがマーク1〜42が集結した唯一のオフィシャル画像です。
これだけでも見る価値はあります。

アイアンレギオンにはかなりのページを割いており、
デザインだけではなく、それぞれのスーツの得意技についてのストーリーボードも
収録されています。

ここで紹介した画像はほんの一部です。
この本を手に取った人だけが見れる秘蔵デザインの数々は、マニアでなくとも必見です。

ちなみにamazonで新品は5000円!
中身からすれば全然安いのですが、amazon.comの方がお急ぎ便で注文しても1000円くらい安く入手出来ます。

オークションでプレミアが付く事が多いこのシリーズ、早めの入手がオススメです。

と、いうワケで明日は「アイアンマン3」6回目行ってきます!

追記:この本の日本語版の発売が決まりました!
8/28発売です。
詳細はこちらから↓↓

リリース詳細■MONDOのサウンドトラック盤「ザ・レイド(The Raid:Redemption)」

MONDOから「ザ・レイド(The Raid:Redemption)」のサウンドトラック盤発売についてインフォメーションが出ました。↓↓
THE RAID: REDEMPTION Original Motion Picture Soundtrack 2XLP On Sale Info

一昨日、このブログにも書いたので、リンクだけ…。
あと大きめ画像を貼っておきます。
twitterを見ているとLinkin ParkMike Shinodaが関わっているということで、即ソールドアウトが予想されます。
※確実にゲットしたい方はmondoの公式アカウントのフォローをオススメします。

 
何度見てもスモーキーグレイ(バリアント)はクールですね。
当たりますよーに!

・180g重量盤LP2枚組
・イラストレーション…Jock
・レイアウト…Jay Shaw
・US$25
・5/24(日本時間5/25)発売、北米のレコードストアはレギュラー盤のみ5/26発売。

ポスター情報■「遊星からの物体X」等々…今夜のMONDOはホラー3本立て!

今朝、MONDOからリリースされた、新ポスターのインフォメーションです。
ホラー映画の名作3本となっております。

画像はコチラ!
詳細は後ほど!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
発売後に詳細更新ですみません…。
MONDOと格闘してました。

結果は……買えましたよ!
このポスター!

「遊星からの物体X(The Thing)」
Poster by Randy Ortiz. 24″x36″ screen print. Hand numbered. Edition of 325. Printed by D&L; Screenprinting. $45

今回狙っていた、Randy Ortizによる「遊星からの物体X」。
30秒でSold outでした。
サクサクCheck Outまで出来たのですが、やはり枚数が少なかったようです。
このポスターは5/2にロスアンジェルスのEgyptian Theatreにて開催された同作の30周年特別上映を記念して制作されたものです。

イベント当日に販売されたため、オンラインでの販売はないのではと言われていました。
325枚限定ですが、これはイベント販売分と合わせた枚数です。
(アーチスト分としてさらに30枚程度存在しています)
MONDOはポスターの再生産を一切行わないため、買えたのはかなりラッキーでした。
到着したらレビューしたいと思います。

……買えてよかったんだけど、MONDOのブログで紹介されているディテールを見るとコワすぎ!
夜中に見たらトイレ行けません!
とはいえ、ロゴ周辺の光の反射まで表現していて、丹念なディティールで構築された美しい作品です。
メタリックインクも使用しているとか…。

さて、今回発売されたポスターは5/3〜5にかけて行われたTexas Frightmare Weekendというホラー映画のイベントでも販売されました。
(「遊星からの物体X」も含む)
「フランケンシュタインの復活」と「恐怖城」は名優ベラ・ルゴシ氏主演の作品です。
ルゴシ財団公認ということで、財団のシンボルマークが織り込まれています。
予算の都合で買えなくて残念でした…。

「フランケンシュタインの復活(Son Of Frankenstein)」バリアント
Poster by Rich Kelly. 18″x24″ screen print. Hand numbered. Edition of 105. Printed by D&L; Screenprinting. $60
「フランケンシュタインの復活(Son Of Frankenstein)」レギュラー
Poster by Rich Kelly. 18″x24″ screen print. Hand numbered. Edition of 175. Printed by D&L; Screenprinting. $40
「恐怖城(WHITE ZOMBIE)」
Poster by Ghoulish Gary Pullin. 12″x36″ screen print. Hand numbered. Edition of 175. Printed by D&L; Screenprinting. $35

これからリリース情報は早めにアップしたいと思いますので、興味のある方はブックマークお願いします。
さぁ、明日は「ザ・レイド」のサウンドトラック発売です。
多分余裕ですが、気合い入れていきたいと思います。

ARAMO DRAFT HOUSE CINEMAについて

MONDOはARAMO DRAFTHOUSE CINEMAという、テキサスを中心に展開する映画館のアート・ギャラリー部門なのですが、ARAMO DRAFT HOUSE CINEMA自体をご存知の方はそんなに多くないと思います。

ARAMO DRAFT HOUSE CINEMAはディナーとアルコールを楽しみながら映画を鑑賞出来るというスタイルの映画館。
こんな感じです。
座席の前にはテーブルがあり、軽食ではない食事や自家製ビールなどのアルコールを提供しています。
一方、映画を観るマナーには細かく、映画鑑賞の妨げになる行為は全面的に禁止されています。
その中でも強烈なのが、「鑑賞中にケータイを開く(画面を光らせる)の禁止」と「上映中のおしゃべり禁止」。
これを破ると館内から追い出され、料金の払い戻しもありません。
この鉄の掟を広告に使ったこともあります。
※外部リンク
そんなARAMO DRAFT HOUSEでは、定期的にイベント上映や映画祭を行っています。
1年の中でも大イベントがFantastic Fest
世界中からジャンルを越えた話題作が集結する映画祭です。
(今年は9月19〜26日開催)
また、各劇場で行われる特集上映も映画オタクのツボを突くセレクションでチケットは常に即日完売となります。
それらのイベントで限定販売(多くはチケットとセットで販売)されるポスターを制作しているのが、MONDOというワケなのです。
今年の初夏の特集上映は“The Summer of 1983!”
1983年に公開された映画の特集上映です。
上映予定は下記の通り。
↓↓
Return of the Jedi (Austin-only) – May 25
Trading Places – June 22
Scarface – June 6
The Killing of Satan – June 23
Risky Business – June 1
The Deadly Spawn – June 9
Octopussy – June 9
Screwballs – June 2
WarGames – June 10
National Lampoon’s Vacation – June 11
Jaws 3-D – June 15
※いま気付いたけど、「ジェダイの帰還」の上映日は同作の30年前の公開日と同じ…。
しかも、MONDOの本拠地・オースティンのみの上映。
これはポスターが出るかもしれません。
あ、チケット売り切れてる!
こうして見ると83年はお祭りの年でしたね。
自分も「ロードショー」読んで、封切り楽しみにしてました。
さて、ここでこの特集上映で公式に限定ポスターの登場が予告されたのが、
6/9のThe Deadly Spawn。
近日中にデザイン発表の見込みです。

MONDOのLPレビュー■「ドライヴ(DRIVE)」 Artwork by Tyler Stout

昨日に続いてLPレコードのお話を…。

4月中旬にMONDOから届いた四角いパッケージ…。

これは発売開始30分で売り切れたレコードなのです。
このサソリでわかる人はエライ。
裏にはMONDOのデカイロゴ。

早速、パッケージを開けてみると…。
MONDOに作品を提供するアーチストの中でも最も人気が高い、Tyler Stoutのイラストレーションが。
かっちょいい〜。

これは2012年の映画「ドライヴ(DRIVE)」のサウンドトラック盤です。
180gの重量盤レコード2枚組(通常のLPレコードは130g前後)。
昨年の春頃にリリースが発表されたものの、なかなか発売に至らなかったアイテムです。
アートワークは前述のTyler Stout。レトロモダン(MTV創成期の80年代的な雰囲気)でこの映画が持つ空気感と見事にシンクロしています。
ショッキングピンクもあの頃の気分ですね(←こういう表現もレトロ)。

01. Nightcall
02. Under Your Spell
03. A Real Hero
04. Oh My Love
05. Tick of the Clock
06. Rubber Head
07. I Drive
08. He Had A Good Time
09. They Broke His Pelvis
10. Kick Your Teeth
11. Where’s the Deluxe Version
12. See You in Four
13. After the Chase
14. Hammer
15. Wrong Floor
16. Skull Crushing
17. My Name on a Car
18. On the Beach
19. Bride of Deluxe

Tyler Stoutについてはあらためて紹介しますが、映画のポスターをモダンアートの域まで高めた作品の数々はどれも入手困難なアーチストです。
彼のポスターはMondoでは1分足らずで完売するのですが、その直後にebayでは売れたばかりのポスターが定価の3倍以上で取引されています。

ジャケット内側。このまま飾りたい。
ライナーノーツの裏側はミニポスター。
MONDOの商品らしく、このLPにもバリアントが存在します。
まずはランダムに挿入される“ホットピンクヴァイナル”
ウチのは…レギュラーの黒でした(涙)。
さらに、今年の「レコードストアデイ(世界的に開催されるお店でレコードを買おう!の日)の限定商品として、北米のレコードストアで販売された限定1000部のピクチャーディスク盤!

出荷時にコンテナごと行方不明になり、その後発見されて発売されたものです。

残念ながらレコードストアデイには販売されませんでした。
ジャケットもオリジナル。
欲しいなぁ…。ebayで…(汗)。
と、待たせただけのことはあるラインナップでのリリースでした。
さて、このジャケットの裏面。

イラストレーションが反転しています(もちろんワザと)。

クールですねー。しかし、これをポスターにするともっとクールなんです。
それがこちら!

なぜかウチにありました!

このポスターは585部限定。
今年の3月にテキサス州・オースティンのMONDOギャラリーで開催された、
Tyler StoutとKen Taylorの合同展にて販売されました。
当然のごとく即日完売。オンラインでの販売はありませんでした。
このポスターについてはまた後日。

映画の世界観と絶妙にリンクした、このサウンドトラック盤ですが、
勿体なくて針を落とせません!
というか、ターンテーブルがありません(笑)。
それでも買ってしまう魅力的なアイテムでした。

5/24発売■MONDOのサウンドトラック盤「ザ・レイド(The Raid:Redemption)」

本日紹介するのはMONDOのLPレコードです。

かっちょい〜。
さて、昨年まで年に1枚程度リリースされていたMONDOのサウンドトラックLP盤シリーズ。
70年〜90年代の映画にリスペクトを捧げるMONDOらしく、作品のチョイスもB級ホラー映画が中心でした。

今年に入り、MONDOからアナウンスされた、「レコード真剣にやります宣言」から、2000年代の作品も取り上げられています。
2013年第1弾の「The Deadly Spawn(80年代のB級ホラー映画)」、第2弾の「Poltergeist」、第3弾の「ドライヴ(Drive)」、第4弾の「オブリビオン(Oblivion )」、そして2日前に発表された第5弾の「ザ・レイド(The Raid:Redemption)」と月1ペースでリリースが続いています。
※各アルバムについてはまた後日。

MONDOが手がけるだけにアートワークが今回も素晴らしいです。
イラストはJock、レイアウトはJay Shawが担当しています。
※Jockは昨年「ザ・レイド」のポスターを制作しており、その絵柄はジャケット内側に使用されています。
ポスターは所有しているので、後日紹介します。

 

インドネシア産のウルトラバイオレンス映画「ザ・レイド」は昨年日本でも公開されました、
日本公開版は北米公開用に再編集と音楽を差し替えたリミックス版。その際にスコアを担当したのがJoe Trapanese(Oblivion も同氏の作品です)、トラック制作を担当したのがLinkin ParkのメンバーであるMike Shinodaです。

ジャケット外側(Exterior Gatefold
ジャケット内側(Interior Gatefold

今回のサウンドトラック盤は、この北米版の音源が使用されています。
また、DeftonesのChino Morinoによる“RAZORS.OUT”も聞き所です。
トラックリストは下記のとおり。

<Tracklisting>
1. “Prayers” – 01:44
2. “Gear Up” – 03:58
3. “The Arrival” – 01:55
4. “We Have Company” – 04:51
5. “We’re Alone Here” – 01:45
6. “Quaking Old Fuck” – 00:47
7. “Hole Drop” – 04:22
8. “Moving Up, Part 1″ – 06:19
9. “Moving Up, Part 2″ – 03:09
10. “Trapped” – 02:27
11. “Close Shave” – 02:32
12. “One Way Out” – 01:49
13. “Machete Standoff” – 04:37
14. “Rama’s Family Dream” – 01:15
15. “Chair Slam” – 01:17
16. “Dirty Cop” – 01:02
17. “Jaka Caught” – 00:32
18. “Dog Fight” – 02:56
19. “Uncle Andi” – 02:28
20. “Dead Already” – 01:01
21. “Drug Lab” – 03:45
22. “Andi Strung Up” – 02:34
23. “Putting a Mad Dog Down” – 07:05
24. “Misfire” – 02:20
25. “RAZORS.OUT” Performed by Chino Morino – 04:34
26. “SUICIDE MUSIC” Performed by Get Busy Committee – 03:44

「ザ・レイド」サウンドトラック盤(2枚組)の発売は5/24(金)です。
日本時間では5/25(土)の早朝の見込み。
エディション数(生産数)は明らかにされていませんが、おそらく2000枚程度だと思われます。
レギュラーの盤面は黒ですが、ランダムにスモーキーグレイ盤も挿入されるとのこと。
これは運次第ですね…。

これだけでも飾れるレベル

なお、価格は$25の見込みです。
なお、5/26(日)からは北米のレコードストアで販売もスタートすることのこと。
こちらはレギュラー盤のみです。

LPは販売開始30分以内であれば、ほぼ購入出来ます。
MONDOデビューにもオススメですよ。

Iron Man 3のアートポスター

あーくやしい!
またポスターを買い逃してしまった!

 
いきなりですが、このブログはアートプリントと呼ばれる映画ポスターの世界を紹介していきます。
アートプリントをリリースしているギャラリーは数あれど、質・量ともに他社の追随を許さないのが、mondoteesことMONDO(モンド)です。
 
先日(5/3)、MONDOがリリースしたのがコチラ。
↓↓

 
かっちょいい〜。

Martin Ansinによる「アイアンマン3」のポスターです。

上のレギュラーが450枚限定で50ドル、下のバリアント(Variant)が200枚限定で75ドル。
MONDOのポスター全般に言えることですが、日本からバリアントを買う事はほぼ不可能です。
希少価値ゆえ、人気がバリアントに集中することが多く、カートに入れることは出来てもCheck Out(決済)まで行く事は難しいと思います。
そのあたりのMONDOのポスターを買うコツはまた後日…。
 
 
さて、話は「アイアンマン3」に戻りますが、レギュラーは買えました。
(元々バリアントは狙っていないので…)
しかし、同時発売のコチラは買えなかったのですよ!
 

Phantom City Creativeによる、もうひとつのMONDOの

「アイアンマン3」のポスター(Iron Man 3 Armory)です。

限定250枚で45ドル、しかも夜光インク使用で暗闇で光るんですよ。

アイアンマンのスーツたちが!
マーク1〜マーク41とトニー・スタークが並んだこのデザイン、
マーク42が不在とはいえ、かなり貴重なのです。
先週発売された「アイアンマン3」のアート本、

「Marvel’s Iron Man 3: The Art of the Movie Slipcase」とこのポスター以外では、

全スーツを確認出来る商品は存在しません。

※このポスターのスーツは「コミックと映画に登場するものを参考に制作した」と説明されているので、アート本と完全に一致するかは未確認です。

この3点のポスターの発表は、アメリカの大新聞・USA TODAYにて行われました。
※アメリカではMONDOがリリースするポスターの絵柄がニュースになります。
通常はロウブロウアートのニュースサイトや映画情報サイトが第一報を出しますが、
今回は大新聞。「アイアンマン3」がいかに注目されているコンテンツなのかということがわかります。
USA TODAY効果もあって、この3点はツイッターやFacebookで紹介されまくり、日本ではポスター発売後にニュースサイトに取り上げれて評判になっていました。

 
さて、大新聞でお知らせすれば競争率が上がるのも必然。

“Iron Man 3 Armory”は評判も高く、アクセスが集中するかと思ったら、

そこまで激戦ではなかったようです。
自分がMartin Ansinのレギュラーを買ったあとでも、まだ売り切れていませんでしたから…。
それに気付いて、急いで買おうとしたらテンパっちゃって気付けばSOLD OUT!
思いっきりガックシでした。
※後日、日本のコレクターの方から購入したとの話を聞きました。
その勢いで自分もebayで”IronMan 3 Armony”を競り落としちゃったんですけどね!
 
……と、リリース毎に一喜一憂させてくれるMONDOを中心した映画ポスター、ロウブロウアートの情報や、自分のコレクションをこのブログで紹介したいと思います。
MONDOの魅力を伝えていきたいので、興味のある方はぜひブックマークおねがいします。